Country Furniture La'Famille

仕口・構造など

家具は長持ちしますか?頑丈ですか?テーブルはグラグラしませんか?など
耐久性についてよくお問い合わせがあります。
当工房の加工技術は価格のリーズナブルな素人作品にありがちな何でもビス止めの作品とは違います。
木栓で埋めた跡だらけ・・・ホゾは入っていますか?
接着剤と木ネジだけですか?
家具にもよりますがホゾ組できるところはホゾ組しています。
そしてビス止めもできるだけ目立たない裏側や下側から固定します。
もちろん表面に出る場合には同じ木目を使ったダボ材で埋めます。
アリ溝加工、アリ桟加工、アリ継ぎ、地獄ホゾなど何でもできます。

いつまでも安定してお使いいただける家具作りを目指しています。
メンテナンスにより一生お使いいただけます。
家具職人とリーズナブル素人工房との差は歴然です。

使用する木材の性質に合わせて最適な仕上げをします。
カンナ仕上げのみやペーパー仕上げなど職人の腕の見せ所です。

当たり前の事は当たり前に・・・
プラスさりげない心遣いでもう一工夫・・・
お任せください。

メンテナンスの仕方もわかりやすくお伝えします。

幅広の板の接着の様子

自動かんな盤によるプレーナー加工

手押しかんな盤による狂いの調整

横切り昇降盤によるサイズ決め

昇降盤による引き割り作業


家具の仕上げについて

ベルトサンダーによるペーパー仕上げ

超仕上げかんな盤による仕上げ

トリマーによる面取り加工

クリアランスの調整

角を安全にアールに取った状態


塗料について

主に自然塗料を使用しています。

 ・水性ペイント・ラッカー塗装・ウレタン塗装・蜜蝋ワックスなど
メンテナンス用のワックスも小分け(別途2500円)できます。

バターミルクペイント

オスモウッドワックス (当工房メインの塗料でお勧めです)

丹念に手作業で塗りこみます

できるだけお色に関してご希望に添えるよう最大限の努力をします。
       塗料の取り寄せもしますのでお気軽に

角ノミ機でのホゾ穴製作風景

アリ継ぎの様子
家作りの構造みたいですね

アリ溝による吸い付き桟加工


加工について

200ボルトの木工用の専用大型機械により
一枚の板からすべて手作業で行います。
手押しかんな盤でねじれ、狂いを取ります。
自動かんな盤でプレーナーをかけ一つの家具に必要な部材を揃えていきます。
材料を無駄にしないよう考えて木取りします。
これも職人の腕の見せ所です。